読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字の海が好きかもしれない

日記とかpixiv活動記録とか読書感想文とか

いやいや、文アルの小林多喜二さんが好きでもそれがきっかけで赤旗にはまる人は多くないと思うよ?

文豪とアルケミスト 日常の出来事

私と小林多喜二さんの出会いは昔に読んだ小説(蟹工船ではない)だったので、「小林多喜二さんって確か特高に拷問されて亡くなった人じゃない……?」程度の知識はありました。

ただその小林多喜二さんと赤旗がくっつくことはなく、昨日たまたまニコ動のニュースで小林多喜二さんと赤旗の関係を知って、「ああ。なるほど」となったわけです。

 

ただぶっちゃけて、文アルの小林多喜二さんと実在の小林多喜二さんは別物ですからね……。

 

むしろ赤旗が文アルの多喜二さんの話にちなんで実在の小林多喜二さんの話を記事にしなくちゃいけないぐらいにネタに困窮してるのかな、ってそっちのほうが気になります。今だったら共謀罪とかいっぱい書くことありそうなのに。

 

だって文アルの多喜二さんファンの人がこれで共産党の支持者になるかどうかはその人次第ですよ。もし本当に赤旗共産党の人達が政治利用とか考えてても、文アルファンのほうが「2次元と3次元を一緒にすんなや」でぶった切れば、それまでのような気がするし。

 

個人的には「実在の小林多喜二はこんなキャラではありません!」とか共産党の関係者の人が言いだして、文アルのゲームに影響を及ぼし始めたら問題だけど、ただ「人気なんですよー。ファンがゆかりの地や本を読んでますよぉ」だけなら気にならないレベルです。

 

 

ブログタイトルを変えるなら今じゃないかなと思って思い切ってブログタイトルを変えてみた。

ブログ運営 日常の出来事

このブログ以外に、今のところ4つブログを持っています。

どのブログもアフィリエイトがしたいのか、それとも書きたい記事のサンプル画像を手に入れるのにアフィリエイトが一番手っ取り早いからアフィリエイトをしているのか、どっちとも言えないような感じのブログです。

 

そのうち一番古いブログのタイトルが今ブログでやっていることと違うなぁ、なんかブログタイトル見ても意味が通じないなぁ、そもそもブログタイトルで人きてないだろ、これ。(アクセス解析のぞきつつ)と思ったので、変更しました。

 

その古いブログのタイトルを変更したら、もういっそ他のブログもやってること違うし、変えてしまえ!!! って気持ちになって全部変えました。というわけで心機一転です。

 

最近読み始めたブログさんの話で「ブログタイトルを変えたらアクセス数が減った」というのを読んだのですが、正直そのブログさんの減ったアクセス解析ほどうちのところは全然きてないから、まったくもって痛手にはならん……むしろ人が全然きていないいまこそやるべきでは? というわけです。

 

そしてブログタイトルを変えたら、なんとなくですけど自分がそのブログで何をしていきたいかがまとまった気がして、ちょっとすっきりした気持ちになりました。

 

これが英断になるかは分からないけど、愚策にはならないはず。はてさてどうなるのかな。

 

pixiv内のパセリタグは結局無視するのが一番だと思う。

pixiv活動

引越し前のブログに「パセリ ネットタグ」で来られた方がいたので、ちょっとここにも書こうかなと思いました。

 

pixivでコナンの成り代わり小説を書いていますが、その作品の最終回で一回だけパセリタグをもらったことがあります。

 

パセリタグってなに? というと、正式名称は「パセリ創作」で、いわゆる「オリジナルキャラクターばかりが格好良くて原作キャラがないがしろにされている(添えものになっている)作品」のことを指すそうです。

 

その時はパセリタグの意味はわからないし、調べれば調べるほどとんでもない話(パセリタグを貼る人達とそれと戦う人達の)が出てくるし、そもそも成り代わりアンチさん達の巣窟ものぞいてしまい、「わ、私、駄目だわ……。こんな世界で生きられない!」と思って、慌てて全作品マイピク化(pixivでいうところの許可のある人しか見れない機能)を設置しました。

 

ただ年をあけて今となってはマイピクもなくして、普通に投稿しています。これが実のところ現実なのかな、って思ってます。

 

ようするにパセリタグってその一時の流行みたいなもので、放っておけばいつかは消えてなくなるものなんです。現にパセリタグ貰いましたけど、今の状態でパセリタグを再度つけられることは今のところありません。

過剰に反応すればその分だけ面倒くさいのは自分です。作品が増えれば増えるほどマイピクするための時間が増えるし、マイピクすれば読む人激減するし、「いろんな人に読んでほしいな」って人にはマイナスしかない。自己防衛にはなるけど。

 

というわけで、またpixiv内でパセリが生えるかは謎だけど、もし生えても無視するのが一番かなと思っています。

 

マナーって結局は自分がしてほしくないことを指すのかもしれない。

日常の出来事

昨日とうらぶのみんなのくじで2番目にひいて薬研のいるF賞をゲットしたのに、1番目にひいた人が薬研を目の前でもっていって、薬研を手に入れなかったわけですよ。

 

moziumi.hatenablog.com

でも結局、そのことを愚痴った姉が別のショップでくじを引いてくれて、その結果薬研をゲットできたので、私の持っている兼さんと交換して、しかも「家(結婚ほやほやの新居)に置けないから」という理由で、おっきい長谷部もくれました。

 

長谷部については本当に貰っても返せる物がないので悩んでたんですが、姉が「私、ずお君好きなんだよね」と言ってたので、本日頑張ってみんなのくじ再挑戦。

 

F賞を引いたのでずお君をゲットし、無事に長谷部のお礼を手に入れられた次第です。

 

…………ただ、思ったんですけど。

 

結局この、姉が私のためにF賞を引いた時に薬研を選んでくれた行為や、私が長谷部のお礼にくじを引いてずお君を手に入れた行為も、昨日私が憤慨していた「薬研が目の前で全部なくなった」行為と同じかもしれません。

 

昨日の場合は、「2番目に引いた」「1番目の人がひとりで薬研を全部持って行った」のふたつが重なって怒りが倍増したけど、1番目の人が「誰かのお礼に薬研を多く入手した」「誰かに頼まれていた」なら、昨日の姉や今日の私の行為と同じなわけです。

 

昨日の私は「ひとりで同じ刀を全部持って行くなんてありえない」って怒り狂ってました。でももしかすると1番目の人には薬研を3つとも手に入れなくてはいけない理由があった、のかもしれない。

 

しかももしその人が薬研以外の刀を全部持って行ったら、私はここまで怒ってた? と考えると、物凄く微妙です。もしかしたら気づかなかったかもってレベルです。

それだけ薬研のことが好きだから、それだけ薬研が目の前で全部なくなったことにショックを受けたんだと思う。

 

つまりは、私の感情。

 

マナーが悪いっていうけど、結局そのマナーって分かりやすく言うと「自分がされて嫌な行為」をさすのかも。

でも明らかなマナー違反(みんなのくじや一番くじでいうなら1番目でロット買いとか?)でない限り、その自分が言うマナーは自分の我儘(たとえば今回で言うとどうしても薬研が欲しかった! という気持ち)かもしれない。

 

個人的な気持ちとしては「薬研全部とられたー、ありえねぇー」だけど、あれはきっとマナー違反ではないんだろうなぁと今は思ってます。

多分たまたま、同じ刀が好きな人とかちあっただけだったのかもしれません。

 

とうらぶのもちぷちくじを2番目に引いて薬研のF賞を引き当てたんだけど、1番目の人が薬研を根こそぎ持って行ってたので、結局薬研を手に入れられなかった話。

日常の出来事

率直な疑問として「同じキャラクターの同じグッズを3つ必要とする理由ってなに?」と姉の聞いたところ、「たとえば共同戦線張ってたのかもよ。「私がF賞をとったら薬研もらってくるから、●●ちゃんは●●お願いね」的な」との回答があったので、なるほど、同担拒否やクラスター嫌いはこうして生まれるのね、と思った次第です。

 

今回のもちぷちは「薬研狙い!」と決めて行ったので、2番目に引いてF賞が出た時の喜びと、目の前で1番目の人が薬研を根こそぎ持っていった時の絶望感は計り知れなかったわけですが……、とりあえずいい教訓が出来ました。

 

くじ引く時って、二番目じゃ駄目なんですね。一番でないと駄目なんだ。

 

次はもっと頑張ります。

 

 

そして薬研については、姉に兼さんと交換してもらったのでどうにか手に入れることが出来ました。持つべきものは運のいい姉だなと思うけど、結局この行為も共同戦線と変わらないので、私の目の前で薬研を駆逐したあの人の文句も言える立場にないんでしょうね……。

 

 

コナンから百人一首が出るんだけど、サンプル画像にある安室さんと組み合わされた歌が凄い。

ときめきアイテム

コナンから7/14公開のから紅の恋歌に合わせて百人一首が出るよ! 各シーンに合わせた歌のカードが用意されているよ!! と知ったので、うっかりオンラインショップに足を運んで、同じくうっかり安室さんのサンプル画像を見つけて、ネットで現代語訳を探してきました。

 

……、正直、闇が深すぎた。

 

(あみあみよりサンプル画像をお借りしています)

 

恨んで恨む気力もなくなり、泣き続けて涙を乾かすひまもない着物の袖さえ(朽ちてぼろぼろになるのが)惜しいのに、さらにこの恋のおかげで悪い噂を立てられ、朽ちていくだろう私の評判が惜しいのです。(百人一首講座より)

 

この歌の意味を知った時の私の気持ちとしては、「そうだろうけどね?!」でした。

多分この歌をコナンの登場人物に組み合わせる時に、安室さんしかおもいつかなかったんだろうなぁ、と思うとそれだけ安室さんの闇が深すぎて、鳥肌が立ちます。

 

ちなみに同じように赤井さんと組み合わされた歌もあったんですが、そっちもそっちでなんか凄い。

 

(あみあみよりサンプル画像をお借りしています)

 

身の程もわきまえないことだが、このつらい浮世を生きる民 たちを包みこんでやろう。この比叡の山に住みはじめた私の墨染めの袖で。 (百人一首講座より)

 

あぁ、赤井さんらしいといえばらしい……。けどそんなこと言って無茶すんだろ、貴方は。って心配な気持ちにもなる歌です。

 

このお二人が和解する時は、それこそコナンが終わる時じゃないかなと覚悟していますが、やっぱりなんか好きですね。このふたりの関係性。

 

 で。話は戻ってこのコナンの百人一首ですが、こんな感じでいろんなシーンと歌が組み合わさっているみたいです。ちょっと気になっているグッズです。

 

 

 ▽この記事を書くにあたってサンプル画像をお借りしました。取り扱いもあるので、気になる人はチェックしてみてください。

【あみあみ】

 

明日、刀剣乱舞‐花丸‐のくじがあるんだけどなぁ。

日常の出来事

くじ運がいいか悪いかでいうと、「ほとんど手付かずの状態でくじを引けたら引きはいいほう」「それなりに減ってる状態で引くとろくなものが当たらない」というのが、自分のステータスです。

 

具体的にはおそ松さん一番くじでカフェのやつを引いた時は、ほとんどだれもやっていない状態で引いて、カラ松のタオル・ポーチ(キャラ選択ありだったのでカラ松をチョイス)・ラバスト(シークレットで十四松・チョロ松)という結果になりました。

カラ松girlの自分としては申し分ない結果。

 

反対にほどほどに減っている時に銀魂一番くじを引いた時は、ラバストが当たって開けてみると土方さんでした。個人的には鬼兵隊に入りたい派なので、芳しくない結果。

 

というわけで、明日の刀剣乱舞のくじはできるだけ無傷な状態で引きに行きたいんだけど、仕事あるし。仕事は昼までに終わるのでそこから走って近くの実施店舗に行くしかないけど、薬研が手に入るか心配。

 

狙うは、F賞の薬研と、できればラバストの薬研。どっちも下位の賞なので、くじを引きにいった時点で全滅なんてオチはないと思うけど。最悪、ラバストでもいいです。薬研以外でも。

 

今回の刀剣乱舞‐花丸‐のくじは、どれが当たっても当たりだと思ってます。上位の賞が当たればそれはそれで嬉しいし、下位には薬研がいるし、商品のラインナップを見ても「当たらないといいなぁ」っていうのがないから。

 

よし。明日、頑張ろう!