読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字の海が好きかもしれない

日記とかpixiv活動記録とか読書感想文とか

二次創作を書くのに必要なのって、やっぱり書きたいっていう衝動なんだなぁと実感。

pixivでコナンのスコッチ成り代わり小説を書いていますが、自分の中ではある程度情熱も落ち着いてきたなと感じていました。

最初の赤井さんルートを一日一作のペースで書き上げてからいろいろ書いてみたけど、最初のころのような「書きたい! 書かせろ!」みたいな気持ちが湧いてこなくて、ちょうど赤井さんルート終了直後にパセリ事件もあったので、全作品のマイピク化とかいろいろやることがあって、書かなくなっていったわけです。

 

それでも思い浮かんだネタとかは書いていって、現在の未完成の作品集が生まれていくわけですが、この間からはちょっと最初の頃のモチベーションが戻ってきたかな? って感じがしなくもない。

 

Twitterで「スコッチは降谷さんの幼馴染」というソースが流れて、「え。幼馴染だったら成り代わり小説の前提(赤の他人で黒の組織での出会いが最初)は崩れるか。どうしようかな」って悩んでいた時に、「成り代わり小説だし、いっそ性別変えてみる?」と思った次第です。

実は今までにも何度か作品へのコメントで「女体化は書かないの?」的な質問をもらっていたんですが、気持ち的に書きたい衝動に駆られなかったのでやめていたんですが、今回自分の頭のほうで「女体化設定で行こう」と決めて書いてみました。

 

結論。案外楽しい。

そっか女体化だったらこの設定放り込めるし、こんな勘違いも生まれるだろうし。

正直最初に書いた赤井さんルートで書きたいことや勘違いネタはほぼ全部放り込んだ気がしてたので書くことないかって気がしてたんですが、そんな事はなかった。

 

ただどう考えてもスコッチ成り代わり小説でパセリをいただいた時の比ではないぐらいの捏造具合なので(いや成り代わり小説っていうジャンル自体がそもそも捏造甚だしい分野なのですが)、冒頭の注意書きだけは懇切丁寧に書く様にしようと心に誓いました。